キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 マチ弁の仕事の具体例 : 弁護士の転職事情

弁護士の転職事情

マチ弁の仕事の具体例

一般民事事件を取り扱うことの多い事務所、いわゆるマチ弁に転職する場合は、転職前の知識を充分に生かすことと、転職後の仕事内容に必要な法律知識が求められます。

マチ弁の仕事の具体例

弁護士を取り扱ったテレビや漫画などで一般の方でも耳にしたことのある「マチ弁」という言葉ですが、一般民事事件中心の事務所の事を指します。

一般民事事件中心の事務所の場合、取り扱う事案は相続、交通事故、債務処理など様々です。

一般的な民事事件を例にして、仕事の具体例を紹介します。

まず、法律相談の依頼を受け、その内容を熟考します。

その内容が早急な措置が必要でない場合は法律相談だけで終了する場合もあります。

対応が必要な事案であっても、すぐに法的手続きをすることは多くはありません。

そのような場合は、相手の方に内容証明郵便を送付します。

その後、電話や面会などで連絡を取り、当事者同士の話し合いをします。

当事者同士の話し合いで解決する場合少なくありません。

ただし、既に民事訴訟を提起されている場合はすぐに受任処理を取ります。

その場合は答弁書などの準備書面の作成を始めます。

他にも相手の方へ内容証明郵便を送付したにもかかわらず無視をした、あるいは電話や面会などで連絡を取り、当事者同士の話し合いを行ったけれども解決しなかった場合なども、法的手続きを取る事で事案の解決を図ります。

法的手続きとは、具体的にいうと調停や民事訴訟を申し立てることですが、事案の解決方法は事案によって異なるので、非常に難しい判断が必要とされることも少なくはありません。

一般民事事件中心の「マチ弁」の仕事内容は幅が広いところが魅力でもありますが、転職の際は転職前の知識を充分に生かしつつ、それ以上の幅広い法律知識が求められる事になるでしょう。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 弁護士の転職事情>