キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 企業で活動を行う弁護士 : 弁護士の転職事情

弁護士の転職事情

企業で活動を行う弁護士

企業内弁護士は企業内における法律実務が仕事の中心ですが、どの企業にも企業特有の企業内弁護士の仕事が存在します。そういう点からも現在、企業内弁護士のニーズが高まり、弁護士の転職先として注目されています。

企業で活動を行う弁護士

弁護士は基本的には法律のプロとして、顧客に法的なサービスをするのが仕事ですが、その仕事の内容は多岐に渡ります。

その仕事の形態の1つとして組織内弁護士があります。

組織内弁護士は企業内弁護士、インハウスローヤーとも呼ばれています。

企業に所属し職務を行う弁護士は企業内弁護士と呼ばれ、行政庁に所属し職務を行う弁護士は行政内弁護士と呼ばれています。

企業の社会的責任が求められている現在、企業は法律のプロを必要としています。

その中で、企業内弁護士は企業内で法律のプロとして、企業に役立つ仕事をしていきます。

企業内弁護士の仕事は企業活動における法律実務が中心となりますが、企業が企業内弁護士にどのような役割を求めるかでその内容は変わります。

企業によっては1日中企業法務に追われる企業内弁護士がいてもおかしくないでしょう。

世の中には様々な企業があります。

そしてその企業内特有の企業内弁護士の仕事が存在します。

そこが企業内弁護士の醍醐味といえるでしょう。

自分で事務所を持つよりも福利厚生が充実している事が多いのも企業内弁護士の魅力でしょう。

そういった点からも現在、組織内弁護士(企業内弁護士)のニーズが高まり、弁護士の就職、転職先として注目されています。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 弁護士の転職事情>