キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 女性の仕事としての「弁護士」 : 弁護士の転職事情

弁護士の転職事情

女性の仕事としての「弁護士」

他企業より収入面が比較的有利、子育て等のブランクにも柔軟に対応しやすい、女性特有の問題で女性が依頼してくる場合、同性の方が相談しやすい等の事から、女性の弁護士が活躍の場を広げています。

女性の仕事としての「弁護士」

現在、女性の弁護士が活躍の場を広げています。

法律のプロとして自分自身の能力で勝負出来る弁護士は、男性ばかりではなく女性にとっても魅力的な職業だと言えるでしょう。

収入の面でも、一般の企業への就職よりも比較的有利で、夫婦で弁護士の場合は妻の方が収入が多い場合もときおりあります。

そういった事から、結婚や子育てなど、女性の人生の岐路ともいえる場面であっても、自分自身の努力、環境、能力等で一概には言えませんが、家政婦やベビーシッターを雇い働き続けることも出来ますし、自宅で事務所を開業して、自宅で子供と関わりながらの仕事も不可能ではありません。

また、ブランク期間があったとしても弁護士としての資格は消えてしまうものではないので、再び復帰することも出来ます。

弁護士の仕事の内容は多岐に渡るので、新たな就職先によっては、ブランク期間に身に着けた能力が弁護士として復帰した際に生かされる場合もあります。

女性であるという事で、時には男性には見えづらい事案の解決に繋がる糸口が見える場合もあるでしょう。

夫からのDV、勤務先でのセクシャルハラスメントなどの事案は同じ女性の方が依頼者が接しやすいという事も有るかも知れません。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 弁護士の転職事情>